映画の名台詞から英語を学ぼう!『シングルマン』

『シングルマン/A Single Man』(2009)
監督:トム・フォード/Tom Ford

本日は、あの有名なファッションデザイナー、トム・フォードの映画監督デビュー作品、『シングルマン』からご紹介いたします!自殺を決意した男の、最後の一日を描いた作品です。流石デザイナーというだけあって、1カット1カットの画がとにかく美しいです!そしてそんな美しい画から滲みでるのは、主人公のどうしようもない孤独感で、その孤独感がもう最初っから最後までずーっと画面に張り付いてるんですよ。本当に胸を締め付けられる作品です。主人公を演じるコリン・ファースの演技も最高です。かなり重たい作品ではありますが、超名作ですので、ぜひ一度見てみて下さいね!
台詞は大学教授である主人公ジョージが、バーで教え子のケニーと出会い、会話をしている時の一言。

 

Experience is not what happens to a man.
It’s what a man does with what happens to him.
(経験とは何が起こったかじゃなく、起こったことに対して何をするかだ)

 

文の構造を見てみましょう

Experience is not [what happens to a man].
[ ]内がひとかたまりで[その人に起こること]という名詞節

It’s [what a man does with (what happens to him)].
[ ]内がひとかたまりで[(起こること)に対して何をするかということ]という名詞節
( )内も(その人に起こること)という名詞節
[名詞節]の中に、さらに(名詞節)が入っています。

S happen to 人など
Sが〜に起こる
例: Kelly didn’t come to work yesterday. I don’t know what happened to him.
(ケリーは昨日仕事来なかったよ。何があったのかはわからないけど。)

例: Hey, you’ll never guess what happened to me yesterday.
(ねえ、昨日私に何が起きたと思う!?)

 

Ayami
新宿校

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *