Learning English from conversations in movies.

Learn English From Movie Quotes!

 

『ボーダーライン/Sicario』(2015) 

監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ /Denis Villeneuve

 

 

本日ご紹介するのは、カナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーブの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』です。アメリカとメキシコの国境で起こる麻薬戦争を描いた本作は、数々の賞にノミネートされ、非常に高い評価を得ました。圧倒的なリアリティと緊迫感で、その重苦しい現実と負の連鎖が描かれます。撮影は私の大好きなロジャー・ディーキンス、素晴らしい音楽を作ったのはヨハン・ヨハンソン(2018年に急逝されました。非常に残念です)。脚本のテイラー・シェンダリンは、監督としても『ウインド・リバー』というこれまた素晴らしい作品を作っています。そして監督のドゥニ・ヴィルヌーブはその後も『メッセージ』『ブレードランナー2049』などの良作を輩出し続け、ハリウッドでその名を確固たるものにしています。今年公開予定の『デューン 砂の惑星』も楽しみですね!

セリフは、なんの説明もないまま麻薬カルテル殲滅作戦に加わる事になったFBI捜査官ケイトに、作戦を率いる謎のコロンビア人アレハンドロが放ったひと言。

 

 

Nothing will make sense to your American ears.

(アメリカ人には全てが理解不能だろう。)

 

★ポイント

make sense (to~)

(~には)理解できる、理にかなっている、筋が通っている

例:That makes sense.

(なるほど)

例:That doesn’t make sense to me.

(それは私には理解できない)

例:You are not making any sense.

(君の言ってることはわけがわからない)

 

 

Ayami

新宿校

 

Learn English From Movie Quote

 

『ソーシャル・ネットワーク/The Social Network』(2010) 

監督:デヴィッド・フィンチャー /David Fincher

本日は、私がデヴィッド・フィンチャー作品の中で一番好きな『ソーシャル・ネットワーク』からご紹介いたします!Facebook創設者マーク・ザッカーバーグの話です。実話を基にはしていますが、かなり脚色されているので、実際のマーク・ザッカーバーグはどうとか、事実と違うとかそういう話は一旦さておき…、めちゃくちゃ感動しました!これ、俳優も映像も編集も音楽も、全てが素晴らしいんですが、個人的にこの映画最大の魅力は台詞だと思っています。スタイリッシュで洗練された会話のやりとり、その歌うようなリズムが、キャラクターの人物像やシーンの情景を、非常に的確に表現しています。すでに一度鑑賞済みの方や中級以上の方は、ぜひ、台詞に注目しながら、英語字幕での鑑賞をおススメします!ちなみに、脚本のアローン・ソーキンは脚本家として高い評価を受けていますが、最近では自身で監督も務めています (『モリーズ・ゲーム』『シカゴ7裁判』)。

台詞はマークの担当弁護士がマークに放ったひと言。私が大好きな台詞です。

 

 

◆You are not an asshole Mark…you are just trying so hard to be.

(あなたは最低な人間なんじゃなくて、必死にそうなろうとしてるだけ)

 

★ポイント

try so hard (to~動詞の原形)

一生懸命努力する(~しようと一生懸命努力する)

例:I’m trying so hard to lose weight.

(頑張って瘦せようとしてるんだ)

例:You don’t have to try so hard.

(そんなに頑張らなくてもいいんだよ)

Ayami

 

新宿校

 

Learn English From Movie Quotes!

 

『ゴッドファーザー/The Godfather』(1972) 

監督:フランシス・フォード・コッポラ /Francis Ford Coppola

 

 

本日は、みんな大好き不朽の名作『ゴッドファーザー』からご紹介いたします。説明するまでもないかと思いますが、アメリカにやってきたシチリア移民が、マフィアとしてのし上がっていく様を描いた3部作です。個人的にはヴィトーの過去とヴィトーを継いでボスになった息子のマイケルの現在と、二つの時間軸の物語を描いたPart2が一番好きです。アメリカで公開されたばかりのPart3再編集版も気になりますね!

ゴッドファーザーシリーズは渋い名言の宝庫です。台詞は、その中でも最も有名なヴィトーの一言。映画に出演したいがプロデューサーが首を縦に振らないという、歌手のジョニーからの相談を受けて。

 

I’m gonna make him an offer he can’t refuse.

(奴が決して断れないような提案をしてやる)

 

★ポイント

make(人)an offer

(人)に提案をする、申し出をする

例: He made me an attractive offer.

(彼は私に魅力的な提案をしてきた)

関係代名詞

上の台詞では、offerとheの間の関係代名詞(that or which)が省略されており、“he can’t refuse”は名詞”offer”を修飾しています→an offer that(which) he can’t refuse .(彼が断われない提案)

関係代名詞は省略される事が多く、文の切れ目がわかりづらいですよね。

以下代表的な関係代名詞の例。 []内は省略可能/()内に言い換え可能

1.which(モノ、コト)

例:He told me his secret which(that) surprised me a lot.

(彼は驚くべき彼の秘密を教えてくれた)

2.who(人)

例:I just bumped into a girl [who(that)] I met in Australia three years ago!

(三年前にオーストラリアで会った女の子に今偶然出くわした!)

3.that(人、モノ、コト)

例:Everything [that] you just told me doesn’t make any sense.

(君が今言ったこと全部、つじつまが合ってないよ)

4.whose(所有格。人、モノ※モノに使うと人によっては不自然に感じるようです)

例:I saw a house whose roof was fifty percent blown off.

(屋根が半分吹き飛ばされた家をみた)

Ayami

新宿校

Learn English From Movie Quotes!

『ビフォア・サンライズ/Before Sunrise』(1995) 

監督:リチャード・リンクレイター /Richard Linklater

本日ご紹介するのはリチャード・リンクレイター監督の『ビフォア・サンライズ』です!旅先で偶然出会った二人の男女がひたすらずっと喋ってるだけの、素晴らしい作品です。で、これ9年後と18年後に撮られた続編が2本ありまして、相変わらず同じ男女の話で、同じ俳優によって演じられています。18年に及ぶ男女の物語を、実際に18年かけて作っているんですね。実際に歳を重ねたリアリティが作品に説得力を与えていて、3作品とも大変素晴らしい仕上がりになっております。トリロジーで、3作品ともこのクオリティーはなかなかないと思います!続編は『ビフォア・サンセット』と『ビフォア・ミッドナイト』。ちなみにこの監督は『6才のボクが、大人になるまで。』という作品も撮っていて、ある少年の6歳から18歳までの物語を、これまた実際に12年間かけて、同じ少年が演じております。こちらもおススメ。

台詞は、愛だの人生だのをひたすら語り続ける二人の会話より。

 

Isn’t everything we do in life a way to be loved a little more?

(人間の行動って全部、誰かにもっと愛されるためのものじゃないの?)

 

ポイント

Isn’t=動詞(V)

everything [we do in life]=主語(S)

a way [to be loved a little more]=補語(C)

文の切れ目が少しわかりづらいかもしれませんが、SVC(S=C)の、否定疑問文です。[]内は直前の名詞を修飾。

否定疑問文

相手への確認、驚きや感動を表現

例:Aren’t you tired?(疲れてない?/疲れてないの?)

例:Didn’t I tell you about that?(これ言ってなかったっけ?)

例:Isn’t he cute?(彼かっこよくない?)

ついでに、否定疑問文と似ているようで、ニュアンスの少し異なる付加疑問文も。

付加疑問文

相手への確認、相手への同意を求める

例:You are tired, aren’t you?(疲れたでしょ?)/You aren’t tired, are you?(疲れてないでしょ?)

例:I told you about that, didn’t I?(これ言ってあったよね?)/I didn’t tell you about that, did I?(これ言ってなかったよね?)

例:He is cute, isn’t he? (彼かっこよくない?)/He isn’t cute, is he?(彼かっこよくないよね?)

a way to 動詞の原型 

~する方法、手段

台詞では、to の後にbe動詞がきて受動態の形をとっており、「愛されるための手段」となっています。

例:I need to find a way to solve the problem as soon as possible.

(問題を解決する方法を早く見つけないと)

 

Ayami

新宿校

Learn English From Movie Quotes!

 

『パターソン/Paterson』(2016) 

監督:ジム・ジャームッシュ/Jim Jarmusch

 

先週に引き続き、ペット月間という事で!本日はカンヌ国際映画祭にて、かの有名なパルム・ドック賞(パルム・ドールじゃないですよ)を受賞した、名優犬が出演する映画『パターソン』をご紹介します。主人公の飼い犬、ブルドッグのマーヴィンがもうとにかく最高!主人公のアダム・ドライバーに負けないくらいの名演っぷりです。「詩」がテーマのこちらの作品。何気ない日常が詩的な目線で描かれ、その何気ない瞬間にいかに芸術が溢れているかを実感させてくれます。数々の名作、奇作を残してきたジム・ジャームッシュ作品の中でも、『コーヒー&シガレッツ』に並んで私が大好きな作品です。

台詞は、主人公が偶然出会った、永瀬正敏演じる日本人の詩人の一言。

 

Poetry in translation is like taking a shower with a raincoat on.

(翻訳された詩ってのは、レインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ)

 

★ポイント

翻訳しちゃったら、詩の良さは伝わらないっていう意味を込めた素敵な比喩表現ですね。

今日は、likeの色々な使い方をご紹介します。

前置詞like(後ろには名詞/動名詞) 

例:You are just like your father.

(お父さんそっくりだね)

例:These shoes are so light. It’s like walking on air.

(この靴すごく軽い、空中を歩いてるみたい)

例:I don’t feel like going out.

(出かけたい気分じゃない)

接続詞like(後ろには節)  

例:You look like you didn’t get much sleep last night.

(昨日あんまり寝てないみたいだね)

動詞like 

例:I like traveling solo.

(一人旅が好き)

例:I would like some more water.

(お水のお代わりください)

かなりカジュアルな口語表現 

例:When one of my American friends first ate Natto he was like,“what is this⁉”

(アメリカ人の友達が初めて納豆食べた時、「なにこれ⁉」ってなってた)

例:My boyfriend asked me to go skydiving with him and I was like,“no way.”

(彼にスカイダイビング誘われたけど、絶対無理って言った)

※これはネイティヴ(特にアメリカ人)の間でとてもよく聞かれる表現ですが、砕けた表現なので、フォーマルな場では使わないようにしましょう。

 

Ayami

新宿校

Learn English From Movie Quotes

 

『犬が島/Isle of Dogs』(2018) 

監督:ウェス・アンダーソン /Wes Anderson

 

 

 

今回はペット月間という事で、ウェスアンダーソンのストップモーションアニメ、『犬が島』からご紹介いたします! 島流しにあった飼い犬を探しに、ゴミ島へやってきた少年が、他の野良犬達と繰り広げる冒険活劇!舞台は日本で、主人公の少年も日本人なのですが、面白いのは、犬たちが喋る言語は英語のため、お互いの言っていることがわからりません。そうやって、人間と犬のミスコミュニケーションを表現しているのですが、主人公の男の子が喋る日本語には字幕がつかないので(海外で上映の際も)、日本語がわからない人は、実際に犬目線でこれを体感することになります。私はブラジルでこの映画を観たんですが、英語の台詞にはポルトガル語の字幕がついていたけど、日本語には何もついていませんでした。

日本のカルチャー、映画、有名人などへのオマージュもたくさん出てきて、楽しめると思います!

台詞は、いつも飢えてる犬たちが、他のグループとの決闘(七人の侍風)の末、やっと手に入れた食べ物(でもほぼ腐ってる)を食べ漁ってる時の一言。

 

I don’t think I can stomach anymore of this garbage.

(こんなゴミこれ以上食えない)

 

 

★ポイント

stomach

動詞:~に耐える、~を消化する/名詞:胃、お腹

stomachという単語は、みなさんの多くも胃やお腹という意味でご存じかと思いますが、実は動詞でも使われます。動詞の場合、~に耐える、~を我慢するという意味と、~を食べる、~を消化するという二つの意味がありますが、上の台詞はどちらの意味も掛かっていますね。

例:I can’t stomach his bragging.

(彼の自慢話には耐えられない)

例:I can’t stomach oysters.

(カキは食べれない)

 

Ayami

新宿校

 

Learn English From Movie Quotes!

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー/Avengers: Infinity War』(2018) 

監督:ルッソ兄弟 /Russo brothers

 

本日は、MCUシリーズの中でも、名作との呼び声が高い『インフィニティ・ウォー』からご紹介いたします!当時バックパッキング中だった私は、ブエノスアイレスの映画館で鑑賞しましたが、あの衝撃のラストに、満員の劇場が騒然となったのを覚えています。MCUシリーズは現在23作品もあるし、全ての作品が映画として素晴らしいかと言われるとそうでもないし、、スーパーヒーローとかあんまり…っていう方には、中々手を出しづらいシリーズではあるんですが、見出すとハマると思います。全作品見ているからこその感動、面白さってのが散りばめられており、それがこのシリーズ最大の魅力です。

セリフはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーが初めてソーに出会うシーン(めっちゃ面白い)より。

 

Thor: I assume you’re the captain, sir?

(この船のキャプテンはあなたかな?)

Rocket: You’re very perceptive.

(なかなか鋭いね)

 

★ポイント

I assume~

~だと思う(推測)

~だと思うの言い方はたくさんありますが、assumeはその中でも推測のニュアンスが強く、仮説を立てる時などによく使われます。また、思ってたけど違った時など、後ろにbutなどの否定の文を取ることが多いです。

例:Mark assumed there was going to be a meeting this Wednesday, but there wasn’t.

(マークは今週ミーティングがあると思ってたが、実際はなかった)

「思う」の色々な言い方

believe(強い確信)/think(いわゆる思う。迷ったらこれ使えばOK)

suppose(多少根拠のある推測、期待の意味も)/guess(なんとなくそう思う)、等々

 

perceptive

洞察力がある、知覚が鋭い

例:She made some perceptive comments about society on the TV show.

(彼女はテレビ番組の中で、社会に対する非常に鋭いコメントを発信した)

 

Ayami

新宿校

Learn English From Movie Quotes

 

『宇宙人ポール/Paul』(2011) 

監督:グレッグ・モットーラ/Greg Mottola

 

本日は爆笑SFコメディ『宇宙人ポール』からご紹介したいと思います。『ホット・ファズ』や『ショーン・オブ・ザ・デッド』でお馴染みの大親友コンビ、サイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演、『スーパーバッド童貞ウォーズ』や『アドベンチャーランドへようこそ』のグレッグ・モットーラ監督。SFオタクの二人組が、超アメリカナイズされた宇宙人(でもビジュアルはTHE宇宙人)ポールと繰り広げるロードムービー。ポールの声を演じるのは、これまたお馴染みセス・ローゲン。過去のSF大作映画へのオマージュも盛りだくさん。もう面白くないわけがないですね! 

台詞は、ポールが二人に車に乗せて欲しいと頼んでいるシーンより。

 

Look, man. Sometimes you just gotta roll the dice.

(なあ、時には冒険するのもいいだろ?)

 

 

★ポイント

gotta=have got toの省略=have to

~しなきゃ

gotta→超カジュアル

have got to→カジュアル

have to→フォーマル

gottaは「~しなきゃ」という意味で口語でよく使われますが、とてもくだけた言い方なので注意しましょう。have toはどんな場面で使っても問題ないので、迷った時はこちらを使いましょう。

例:I gotta go.

(行かなきゃ)

 

roll the dice

賭けに出る、運に任せる

直訳だと「サイコロを振る」ですが、転じて上記のような意味になります。

台詞では、「時には運に任せて冒険しないと」といったようなニュアンスになっています。

例:Let’s roll the dice and see what happens .

(一か八か賭けにでて、どうなるか見てみよう)

 

Ayami

新宿校

 

Learn English From Movie Quotes!

 

『イカとクジラ/The Squid and the Whale』(2005) 

監督:ノア・バームバック/Noah Baumbach

 

 

ある夫婦の離婚と、その間で揺れる子供たちを描いた傑作『イカとクジラ』から本日はご紹介します。監督のノア・バームバックは最新作『マリッジストーリー』でも高い評価を受けました。同様に離婚を描いている作品ですが、こちらは自身の離婚体験をもとにしているのに対し、『イカとクジラ』は少年期に経験した両親の離婚をもとに描かれているそうです。思春期の兄弟の葛藤が、シニカルなユーモアを交えながら語られ、笑えるのにとっても切ない、素晴らしい作品になっております。

台詞は、父親派である長男が、仕事の上手くいっていない父を見捨てて家族を壊したと、母親を責めるシーンより。

 

Is it because Dad isn’t as successful as he used to be?

(父さんが前ほど成功してないから?)

 

 

★ポイント

successful

成功している

successful=形容詞/success=名詞/succeed=動詞

例:He is quite successful in business.

(彼はビジネスでかなり成功している)

例:The event was a huge success.

(そのイベントは大成功をおさめた)

例:Why do some people succeed and others don’t? 

(どうして成功する人としない人がいるんだろう)

used to~

以前は~だった(今は~ではない)

used toの後に動詞の原形で、過去の習慣や状態を表します。

例:I used to go to gym every week.

(以前は毎週ジムに通っていました)

例:She used to be very talkative.

(彼女昔はすごくお喋りだった)

※似た表現で「be used to~」というのがありますが、こちらは「~に慣れている」という表現です。またtoの後は動詞の原形ではなく、名詞(もしくは動名詞)がきます。

例:I am used to getting up early.

(早起きには慣れている)

 

 

Ayami

新宿校

Learn English From Movie Quotes!

『タンポポ/Tampopo』(1985) 

監督:伊丹十三/Juzo Itami

 

今週は、ラーメンweekということで、ラーメンにまつわる映画をご紹介いたします!ラーメンの映画といえば、真っ先に浮かぶのはやはり、伊丹十三監督の『タンポポ』ですよね。今回は邦画から日本語の台詞をピックアップし、英語に訳したらどんな感じになるかご紹介したいと思います。

潰れかけのラーメン屋を再建するという、シンプルなストーリーながら、随所に突然挟まれる、食にまつわるシュールなシーンの数々が、この映画をただのサクセスストーリーやコメディとは一線を画す芸術作品にしています。見たら醤油ラーメンが食べたくなること間違いなし!

台詞は繁盛店へリサーチにやってきた主人公達が、その店の麺について話をしているシーンより。

 

ここの麺、最高でっしゃろ?ツルツルのシコシコでっしゃろ?

These noodles are tops. Smooth but chewy.

 

 

★ポイント

tops

最高の、一番の

topsは最高という意味で=the bestです。topの複数形ではなくて、形容詞なので、主語が単数の場合でもtopsのままなので注意してください

例:She is tops in her field.

   (彼女はその分野では一番だ)

smooth

ツルツル、スベスベ

凹凸がなく、表面が滑らかな様子。スベスベの肌などと言う時に使えます。

chewy

モチモチ、シコシコ、コシがある、歯ごたえがある

chewというのは噛むという動詞で、chewyで噛み応えのあると言ったような意味になります。

コシを表す似たような単語で、springy(spring=バネに由来)というものもあります。

 

Ayami

新宿校