Learn English From Movie Quotes!

 

『ボーダーライン/Sicario』(2015) 

監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ /Denis Villeneuve

 

 

本日ご紹介するのは、カナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーブの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』です。アメリカとメキシコの国境で起こる麻薬戦争を描いた本作は、数々の賞にノミネートされ、非常に高い評価を得ました。圧倒的なリアリティと緊迫感で、その重苦しい現実と負の連鎖が描かれます。撮影は私の大好きなロジャー・ディーキンス、素晴らしい音楽を作ったのはヨハン・ヨハンソン(2018年に急逝されました。非常に残念です)。脚本のテイラー・シェンダリンは、監督としても『ウインド・リバー』というこれまた素晴らしい作品を作っています。そして監督のドゥニ・ヴィルヌーブはその後も『メッセージ』『ブレードランナー2049』などの良作を輩出し続け、ハリウッドでその名を確固たるものにしています。今年公開予定の『デューン 砂の惑星』も楽しみですね!

セリフは、なんの説明もないまま麻薬カルテル殲滅作戦に加わる事になったFBI捜査官ケイトに、作戦を率いる謎のコロンビア人アレハンドロが放ったひと言。

 

 

Nothing will make sense to your American ears.

(アメリカ人には全てが理解不能だろう。)

 

★ポイント

make sense (to~)

(~には)理解できる、理にかなっている、筋が通っている

例:That makes sense.

(なるほど)

例:That doesn’t make sense to me.

(それは私には理解できない)

例:You are not making any sense.

(君の言ってることはわけがわからない)

 

 

Ayami

新宿校

 

Photos from staff and teachers

Taking photos with a film camera is a pain. You have to load and unload films every 36  photos (or even less!). You have to adjust all settings manually such as aperture, shutter speed and focus, so you might miss a moment. You never know how your photos turned out until you develop and print them. You can’t delete ugly ones, and every single shot costs. But that’s the beauty of it.

Ayami

 

Rainy days and outdoor yoga

Recently it’s become colder and it often rains. ☔🌧
I feel nostalgic because it reminds me of Seattle. I loved to do yoga outside, especially on rainy days.

(私は懐かしい気持ちになる)


Do you think rainy days are relaxing?

Tabby

新宿校

Learn English From Movie Quote

 

『ソーシャル・ネットワーク/The Social Network』(2010) 

監督:デヴィッド・フィンチャー /David Fincher

本日は、私がデヴィッド・フィンチャー作品の中で一番好きな『ソーシャル・ネットワーク』からご紹介いたします!Facebook創設者マーク・ザッカーバーグの話です。実話を基にはしていますが、かなり脚色されているので、実際のマーク・ザッカーバーグはどうとか、事実と違うとかそういう話は一旦さておき…、めちゃくちゃ感動しました!これ、俳優も映像も編集も音楽も、全てが素晴らしいんですが、個人的にこの映画最大の魅力は台詞だと思っています。スタイリッシュで洗練された会話のやりとり、その歌うようなリズムが、キャラクターの人物像やシーンの情景を、非常に的確に表現しています。すでに一度鑑賞済みの方や中級以上の方は、ぜひ、台詞に注目しながら、英語字幕での鑑賞をおススメします!ちなみに、脚本のアローン・ソーキンは脚本家として高い評価を受けていますが、最近では自身で監督も務めています (『モリーズ・ゲーム』『シカゴ7裁判』)。

台詞はマークの担当弁護士がマークに放ったひと言。私が大好きな台詞です。

 

 

◆You are not an asshole Mark…you are just trying so hard to be.

(あなたは最低な人間なんじゃなくて、必死にそうなろうとしてるだけ)

 

★ポイント

try so hard (to~動詞の原形)

一生懸命努力する(~しようと一生懸命努力する)

例:I’m trying so hard to lose weight.

(頑張って瘦せようとしてるんだ)

例:You don’t have to try so hard.

(そんなに頑張らなくてもいいんだよ)

Ayami

 

新宿校

 

Textbook Tuesday

 

1He told me it would be cheaper to buy a new DVD player than to fix my old one.—> 修理に出すより、新しいDVDプレイヤーを買った方が安くなると店で言われた。

2.I was told it would be better to start yoga than to start jogging.—>ジョギングよりも、まずはヨガから始めた方がいいと言われた。

3 My boss told me it would be better to use excel than write the notes on paper.—>報告書は手書きではなく、Excelを使った方がいいと上司に言われた。

Learn English From Movie Quotes!

 

『ゴッドファーザー/The Godfather』(1972) 

監督:フランシス・フォード・コッポラ /Francis Ford Coppola

 

 

本日は、みんな大好き不朽の名作『ゴッドファーザー』からご紹介いたします。説明するまでもないかと思いますが、アメリカにやってきたシチリア移民が、マフィアとしてのし上がっていく様を描いた3部作です。個人的にはヴィトーの過去とヴィトーを継いでボスになった息子のマイケルの現在と、二つの時間軸の物語を描いたPart2が一番好きです。アメリカで公開されたばかりのPart3再編集版も気になりますね!

ゴッドファーザーシリーズは渋い名言の宝庫です。台詞は、その中でも最も有名なヴィトーの一言。映画に出演したいがプロデューサーが首を縦に振らないという、歌手のジョニーからの相談を受けて。

 

I’m gonna make him an offer he can’t refuse.

(奴が決して断れないような提案をしてやる)

 

★ポイント

make(人)an offer

(人)に提案をする、申し出をする

例: He made me an attractive offer.

(彼は私に魅力的な提案をしてきた)

関係代名詞

上の台詞では、offerとheの間の関係代名詞(that or which)が省略されており、“he can’t refuse”は名詞”offer”を修飾しています→an offer that(which) he can’t refuse .(彼が断われない提案)

関係代名詞は省略される事が多く、文の切れ目がわかりづらいですよね。

以下代表的な関係代名詞の例。 []内は省略可能/()内に言い換え可能

1.which(モノ、コト)

例:He told me his secret which(that) surprised me a lot.

(彼は驚くべき彼の秘密を教えてくれた)

2.who(人)

例:I just bumped into a girl [who(that)] I met in Australia three years ago!

(三年前にオーストラリアで会った女の子に今偶然出くわした!)

3.that(人、モノ、コト)

例:Everything [that] you just told me doesn’t make any sense.

(君が今言ったこと全部、つじつまが合ってないよ)

4.whose(所有格。人、モノ※モノに使うと人によっては不自然に感じるようです)

例:I saw a house whose roof was fifty percent blown off.

(屋根が半分吹き飛ばされた家をみた)

Ayami

新宿校