Learn English From Movie Quotes

 

『犬が島/Isle of Dogs』(2018) 

監督:ウェス・アンダーソン /Wes Anderson

 

 

 

今回はペット月間という事で、ウェスアンダーソンのストップモーションアニメ、『犬が島』からご紹介いたします! 島流しにあった飼い犬を探しに、ゴミ島へやってきた少年が、他の野良犬達と繰り広げる冒険活劇!舞台は日本で、主人公の少年も日本人なのですが、面白いのは、犬たちが喋る言語は英語のため、お互いの言っていることがわからりません。そうやって、人間と犬のミスコミュニケーションを表現しているのですが、主人公の男の子が喋る日本語には字幕がつかないので(海外で上映の際も)、日本語がわからない人は、実際に犬目線でこれを体感することになります。私はブラジルでこの映画を観たんですが、英語の台詞にはポルトガル語の字幕がついていたけど、日本語には何もついていませんでした。

日本のカルチャー、映画、有名人などへのオマージュもたくさん出てきて、楽しめると思います!

台詞は、いつも飢えてる犬たちが、他のグループとの決闘(七人の侍風)の末、やっと手に入れた食べ物(でもほぼ腐ってる)を食べ漁ってる時の一言。

 

I don’t think I can stomach anymore of this garbage.

(こんなゴミこれ以上食えない)

 

 

★ポイント

stomach

動詞:~に耐える、~を消化する/名詞:胃、お腹

stomachという単語は、みなさんの多くも胃やお腹という意味でご存じかと思いますが、実は動詞でも使われます。動詞の場合、~に耐える、~を我慢するという意味と、~を食べる、~を消化するという二つの意味がありますが、上の台詞はどちらの意味も掛かっていますね。

例:I can’t stomach his bragging.

(彼の自慢話には耐えられない)

例:I can’t stomach oysters.

(カキは食べれない)

 

Ayami

新宿校

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *