ためになる英語57

今日のためになる英語は ”do + 動詞の原型”についてです!なぜあえてDoを付けるのか?それは、その動詞の持つ意味の強調、理由を付け加える意味として、また相手の発言を訂正する意味で使われるのだそうです☆

A: Was your friend feeling okay last night ? He looked sick.
(昨日の夜、君の友達大丈夫だった?彼具合悪そうにみえたけど。)
B: Yeah, he did leave early.
(そうだね、だって彼”早く帰った”もんね。)

A: That man looks young for 70.
(あの人70歳にしては若くみえるね。)
B: Well, he does do rock climbing every day.
(ああ、だって彼、”毎日ロッククライミングしてる”んだよ。)

A: I’m surprised you found Pikachu so quickly.
(君がそんなに早くピカチュウを見つけられたなんてビックリだよ。)
B: Well, I did look for him all day yesterday.
(うん、だって僕、昨日”一日中探していた”からね。)

A: I thought you might like some chocolate cake.
(あなたがチョコレートケーキが好きなんじゃないかなって思ったんだけど。)
B: Please. I do love chocolate.
(ぜひとも。僕、チョコレート”すっごく好き”なんだ。)

A: Kenji isn’t here yet ?
(ケンジまだ来てないの?)
B: No, but he did say he might be late.
(ああ、でも彼”遅れるかもって言ってた”んだ。)

日本語では『すっっっっごく好き!』など語調で強調を表しますが、英語では動詞の前にDo/Does/Didを付けて強調を表すそうです。また、ここでのDo/Does/Didの役目は相手が言ったことに対して理由を付け加える意味としても働いているとのことです。今回私は近いと思う日本語で、『だって~なんだよ。』と訳してみましたが、そのまま英語で感覚がつかめるように何度もリピートしてみて下さいね^^!

Chika
Jabble英会話スクール新宿校

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *